コスメティックス

敏感肌でも安心

コスメティックスにはケミカル製品とノンケミカル製品があります。
いろいろな物質を感じやすいお肌でなければ通常で市販されている
コスメティックスでトラブルになることはあまりありませんが、
敏感肌の人の場合はその成分に気を付けなければなりません。

特にクリームは乳化剤が必要になるので、ノンケミカルの製品でも
合成界面活性剤を使用している場合が多いのです。

アイ・ピー・エス

ただし、メーカー側が無添加と謳っているので、なるべく優しい成分の
安心できる材料を使用するように心がけている事は期待できると思われますが、
使用前の成分チェックは必須事項です。

自分が使用しても大丈夫かどうか確認し、納得してから使い始めるようにしましょう。

ノンケミカルという表記だけでなく、成分表を確認すると、何が含まれているのか
見ることができます。その際に界面活性剤などが含まれている場合、
本来のノンケミカルという意味ではなくなるのですから、注意しておきましょう。

敏感肌の方は特にこのような成分をしっかり確認し、自分の肌に合わない要素を含むものは
避けた方が良いでしょう。

IPSコスメティックスの化粧品を選ぶ

たとえばシャンプーでも地肌にあたります。
シャンプーは紫外線でダメージを受けた頭皮や髪を優しく保護するものではありますが、
そういうところに注意しないとなりません。

ノンケミカル・コスメティックスのクリームはどうしても高価になりがちで、
コストパフォーマンスを考えると続けにくいと感じられる方も多くいます。

その場合、保湿のためにホホバオイルや手作りコスメを使用されている方が多いようです。
最近では敏感肌の方がブログで、ご自分のスキンケアの様子を詳しく記載している
サイトも多いので、それらを参考に安全なコスメティックス選びを
していかれる事をお勧めします。

始まりは石けん?界面活性剤の歴史と役割

さまざまなコスメティックスに使用されている界面活性剤ですが、具体的にはどんな役割を果たしているのでしょうか。
界面活性剤の「界面」とは、特性の異なる物質同士が接する境界面のことをいいます。

界面活性剤は、この界面の性質を変える役割を果たす物質です。
最も分かりやすい例が、水と油です。互いに混じり合わないものの代名詞にもなっているこの2つの物質は、分子構造が異なるために同じ容器に入れてもはっきりと2つに分かれます。
そこに界面活性剤を入れると、両者の分子の間を取り持つ働きをして、水と油を混ぜ合わせます。

これがいわゆる乳化です。
他にも、分子を分散させたり、泡を生じさせたりと、界面活性剤にはいろいろな作用があります。 歴史上、最も古い界面活性剤の使用例と言われるのが石けんです。
動物の脂肪分や、植物に含まれるサポニンなどがその原料となっていました。近代に入ってからは石油を原料とする合成界面活性剤の普及が進み、ラウリル硫酸Na、及びそれを改善したラウレス硫酸Naなどが世に出回りました。

これらは天然由来のものに比べると価格が安いこともあって、いろいろな製品に使われるようになりました。ただし近年では、シャンプーやボディソープなどはより刺激の低い天然成分に回帰する例も見受けられます。

Copyright(c) 2011-2019 ipsコスメティックス All Rights Reserved.